メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

 1970年代末、馬場正男が美術管理の要領を身につけ、仕事の幅を広げてゆく一方で、大映は相変わらず低空飛行。特に京都撮影所の不振は深刻だった。勝プロや映像京都が優先して仕事を回してくれ、「新・座頭市」などのドラマや映画も入ってはきたが、いかんせん製作の中心は東京だ。特にCMは東京が9割を占め、そもそも関西に市場がない。給料の遅配や手当打ち切りなどが相次いでいた。「手当は全部カットされて、本給だけしかもらえん。もうあかんな、いつまで続くやろと言ってたんやけどね……」

 馬場がそう振り返った79年、馬場にとっても大映にとっても大仕事が舞い込んだ。米ハリウッド、パラマウ…

この記事は有料記事です。

残り435文字(全文719文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 橋爪功 「まんぷく」を朝ドラと知らず出演快諾 「泥臭く人間臭いドラマになれば」と
  2. 健康対策 米、メントールたばこ禁止方針
  3. 6さいからのニュース シャンシャンおやばなれへ
  4. 選抜高校野球 21世紀枠、推薦46校出そろう
  5. 秋田 記者が通報、北朝鮮の木造船 船内捜索も見守る

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです