メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東日本大震災

津波の記憶、新天地でも GS看板移設へ 岩手・陸前高田

東日本大震災の津波で壊滅的な被害を受けた岩手県陸前高田市の旧市街地。中央左がガソリンスタンド「オカモトセルフ陸前高田」の看板=本社機から2011年3月12日、貝塚太一撮影

 東日本大震災の津波により壊滅的な被害を受けた岩手県陸前高田市で、倒壊せずに津波の高さを伝えてきたガソリンスタンド(GS)の看板が31日撤去された。8月オープンする新店舗への移設は当初困難とされたが、市が「津波の記憶を伝承する公共的な遺物」と特例で認めた。

 看板は縦横5メートル、高さ15メートルで、海岸から約500メートルにあるGS「オカモトセルフ陸前高田」にある。震災当時、水位は15・1メートルに達し、2012年の営業再開後、…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 佳子さまがICU卒業 「充実した学生生活に感謝」
  2. イチロー引退会見「妻と一弓には感謝の思いしかない」一問一答(その5)
  3. イチロー引退会見「野球が楽しかったのは94年まで」一問一答(その3)
  4. 佳子さま 「結婚は当人の気持ち重要。姉の希望かなう形に」 宮内記者会の質問回答全文
  5. イチロー引退会見「死んでもいいという気持ちはこういうこと」一問一答(その4)

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです