メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

西日本豪雨

広島・呉のカキ養殖、ピンチ 豪雨で棚破損

 西日本豪雨で、全国有数のカキの産地である広島県呉市では養殖のためのカキ棚に大きな被害が出ている。カキの育成に大切な時期とあって、養殖業者は頭を悩ませている。カキ棚は、カキの稚貝が付いたホタテの貝殻をつるしたもので、河口付近などに置かれている。1年ほど成長させ、そこから1年以上沖合に出して太らせる。

 市内を流れる黒瀬川の河口には、約600のカキ棚があったが、川の増水によって半数が流されたり、破損したりした。…

この記事は有料記事です。

残り309文字(全文514文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 夜景都市 新三大夜景、神戸が4位に、北九州市に抜かれる
  2. 寡婦控除 未婚に所得制限、事実婚は対象外 与党調整
  3. 衆院議運委 麻生氏の発言を問題視 G20出張了承せず
  4. ことば 寝屋川中1男女殺害事件
  5. 衆院内閣委 片山さつき氏、看板の条例違反認める

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです