メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

 シンポジウム「沖宮」が14日、熊本市で開かれた。秋に開催される故石牟礼道子さんの新作能「沖宮」のPRイベントで、近代史家の渡辺京二、詩人の伊藤比呂美ら市内在住4氏がパネリストだ。

 当日、私は司会の伊藤さんから「パネリストになって」と頼まれた。予定の1人が欠席したのだ。引き受けたものの、慢性的なアレルギーのせきと帯状疱疹(ほうしん)による顔の腫れに気分は晴れない。そんな時…

この記事は有料記事です。

残り281文字(全文468文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 富士通 早期退職に2850人
  2. マムシ 露天風呂でかまれる 京丹後市営温泉で男性客 市が防除など指示 /京都
  3. 官房長官記者会見 申し入れ文書撤回求める緊急声明
  4. 漫画で解説 どうしてかむの?の巻
  5. 感染症 ネコにかまれ50代女性死亡 マダニが媒介

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです