メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

中学生作文コンクール

「くらしと生命保険」募集 締め切り9月7日 /和歌山

 生命保険各社でつくる生命保険文化センター(鈴木勝康・代表理事)が、生命保険の役割や意味についての考えを中学生がまとめる「中学生作文コンクール」の作品を募集している。

 1963年に始まり、今年で56回目。昨年度は全国1150校から過去最多となる3万4394編の応募があり、応募総数は通算で96万編を超えた。

 今年度のテーマは「わたしたちのくらしと生命保険」。生命保険が暮らしの中で果たしている役割をどう考え…

この記事は有料記事です。

残り236文字(全文439文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. プロ野球 セ・リーグ全日程終了危機 阪神残りは18試合
  2. 覚醒剤 使用容疑で元うたのお兄さんを逮捕
  3. 自民総裁選 じわり広がる不満、圧勝逃す 「安倍1強」転換点
  4. 安室さんコンサート 療育手帳提示で入場できず 返金へ
  5. 自民総裁選 伸びぬ党員票「打ち上げではない。反省会だ」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです