メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

中学生作文コンクール

「くらしと生命保険」募集 締め切り9月7日 /和歌山

 生命保険各社でつくる生命保険文化センター(鈴木勝康・代表理事)が、生命保険の役割や意味についての考えを中学生がまとめる「中学生作文コンクール」の作品を募集している。

 1963年に始まり、今年で56回目。昨年度は全国1150校から過去最多となる3万4394編の応募があり、応募総数は通算で96万編を超えた。

 今年度のテーマは「わたしたちのくらしと生命保険」。生命保険が暮らしの中で果たしている役割をどう考え…

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 小室圭さんが謝罪コメント発表 母の金銭トラブルで経緯説明
  2. 「ご説明したい」小室圭さん見解全文
  3. 特集ワイド 国会は「死んだ」のか 議論省略の安倍「全能」政権
  4. 平成最後のお年玉 年賀はがき当選番号が決定
  5. 月刊相撲 土俵を支える 弓取り式を担当する三段目 春日龍(33) 中川部屋

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです