メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

変革

第7部 あいおいニッセイ同和損保/10 義理と人情、昔も今も

タブレット端末を使って新商品を紹介する鍋谷めぐみ=さいたま市中央区で6月21日、松本尚也撮影

 バブル景気前の1980年代前半。30代前半だった大東京火災海上保険(現あいおいニッセイ同和損害保険)の鈴木久仁(67)=現副会長=は年明け早々、大量の「鳩サブレー」を抱え、愛知県半田市を駆け回っていた。担当する保険代理店や整備工場に、実家に近い鎌倉の銘菓を手土産に新年のあいさつをするためだ。「今年もよろしくお願いします」。同業他社の誰よりも目立つことを心がけた。

 かつての金融業界は、大蔵省(現財務省)が「箸の上げ下ろし」まで指図する「護送船団方式」に守られ、損…

この記事は有料記事です。

残り850文字(全文1083文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 黒部ダムカレー 愛され10年 年間5.7万食売り上げ
  2. 福岡 大濠公園の池、元福岡銀頭取死亡 事故と事件で捜査
  3. クックパッドニュース [作ってみた]話題の「ダムカレー」は〇〇を使えば簡単にできた!!
  4. 元徴用工訴訟 河野外相「原告は徴用された方ではない」
  5. 国会 「通告ないと答えられない」 目立つ首相の消極姿勢

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです