メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

パーキンソン病

iPS治験 治療法普及に期待 安全・費用課題

iPS細胞を使ったパーキンソン病の治験開始を前に、記者会見する京都大iPS細胞研究所の高橋淳教授=京都市左京区で30日、川平愛撮影

 京都大が来月1日から始めると発表したiPS細胞(人工多能性幹細胞)を用いたパーキンソン病の治験。高齢化の進展で年々増える全国の患者に福音となるのか。記者会見した京大iPS細胞研究所の高橋淳教授は「ようやくスタート地点に立てた。積み上げてきたものが審判を受けるという意味で厳粛な思いでいる」と語った。

 現在の治療法は、脳で不足した神経伝達物質ドーパミンを補う飲み薬が中心だ。脳に電極を埋めて電気刺激で症状を抑える方法もあるが、効果が持続しないなどの課題がある。

 治験では、ドーパミンを作る神経細胞のもとを患者の脳に移植し、症状の緩和を確かめる。患者団体「全国パ…

この記事は有料記事です。

残り349文字(全文629文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 訃報 天野健太郎さん 47歳=台湾文学翻訳家
  2. 中央防災会議 南海トラフ前兆 M8級「半割れ」で要避難
  3. 韓国 BTS事務所 被爆者とナチス被害者に謝罪表明
  4. 米国 ガガさん「大統領、少しは加州の人に思いを」と批判
  5. アムネスティ スーチー氏に授与した人権賞撤回

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです