メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

パーキンソン病

iPS治験 治療法普及に期待 安全・費用課題

iPS細胞を使ったパーキンソン病の治験開始を前に、記者会見する京都大iPS細胞研究所の高橋淳教授=京都市左京区で30日、川平愛撮影

 京都大が来月1日から始めると発表したiPS細胞(人工多能性幹細胞)を用いたパーキンソン病の治験。高齢化の進展で年々増える全国の患者に福音となるのか。記者会見した京大iPS細胞研究所の高橋淳教授は「ようやくスタート地点に立てた。積み上げてきたものが審判を受けるという意味で厳粛な思いでいる」と語った。

 現在の治療法は、脳で不足した神経伝達物質ドーパミンを補う飲み薬が中心だ。脳に電極を埋めて電気刺激で症状を抑える方法もあるが、効果が持続しないなどの課題がある。

 治験では、ドーパミンを作る神経細胞のもとを患者の脳に移植し、症状の緩和を確かめる。患者団体「全国パ…

この記事は有料記事です。

残り349文字(全文629文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 安彦良和 70歳の“最後の新連載”「乾と巽」が「アフタヌーン」でスタート 
  2. 所ジョージ 「夏に胆のう摘出手術」 新番組で記者会見
  3. 新潮社 「あのヘイト本」Yonda? 看板に落書き
  4. 貿易制裁 第3弾、消費者直撃 米家電、中国部品に依存
  5. 核兵器廃絶 吉永小百合さん「核兵器のこと考えて」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです