メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

クローズアップ2018

諫早湾 開門命令無効 国のごね得、司法追認

諫早湾干拓潮受け堤防と北部排水門=長崎県諫早市で、本社ヘリから森園道子撮影

 国営諫早湾干拓事業(長崎県、諫干)を巡って国が漁業者に堤防開門を強制しないよう求めた請求異議訴訟で、30日の福岡高裁判決は2010年に開門を命じた福岡高裁の確定判決を事実上無効化する異例の判断を示した。確定判決に従わない国にお墨付きを与える内容だが、判決理由は「有明海の再生」とはかけ離れた形式論に終始した。開門の代わりに国が進める有明海再生事業の成果に疑問符が付く中、「宝の海」を取り戻す打開策は霧の中だ。【足立旬子、平川昌範、池田美欧】

この記事は有料記事です。

残り2253文字(全文2474文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. イチロー引退会見「妻と一弓には感謝の思いしかない」一問一答(その5)
  2. なるほドリ 「あびき」って何? /長崎
  3. イチロー引退会見「野球が楽しかったのは94年まで」一問一答(その3)
  4. イチロー引退会見「死んでもいいという気持ちはこういうこと」一問一答(その4)
  5. イチロー引退会見「野球への愛貫いた」一問一答(その2)

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです