メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

火論

細部に宿るもの=玉木研二

 <ka-ron>

 ささやかなものが多くを語る。

 広島市中区の平和記念公園にある原爆資料館。耐震化工事に伴う発掘調査で、土中から日用品がたくさん出てきた。

 三輪車のペダル。彩られた器。ガラス瓶。ベルリン五輪記念らしいマーク入りシガーケース。炭化したしゃもじ。ビー玉。歯ブラシ……。日常の営みがにおうようだ。

 川をはさみ、この辺り一帯は広島市屈指の繁華な地域だった。1945年8月6日午前8時15分までは。

この記事は有料記事です。

残り798文字(全文1000文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. プロ野球 セ・リーグ全日程終了危機 阪神残りは18試合
  2. 覚醒剤 使用容疑で元うたのお兄さんを逮捕
  3. 安室さんコンサート 療育手帳提示で入場できず 返金へ
  4. 自民総裁選 伸びぬ党員票「打ち上げではない。反省会だ」
  5. 自民総裁選 じわり広がる不満、圧勝逃す 「安倍1強」転換点

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです