メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

記者の目

芥川賞候補作の類似表現問題 普遍性を獲得したか=大原一城(東京学芸部)

第61回群像新人文学賞として「美しい顔」を掲載した「群像」6月号

 今月18日に開かれた第159回芥川賞の選考会は、高橋弘希さんの「送り火」を選んだ。東日本大震災関連の先行著作との類似表現が指摘され、「盗用」の言葉も飛び交った北条裕子さんの「美しい顔」は選に漏れた。私は、関係出版社間のコメントの応酬など、騒動が拡大していく状況をただ追い続けた。ひと息ついてみると、現代らしい典型的な「炎上」になってしまったとの印象が強い。他の表現者の作品を、小説の中でどう扱うべきなのか。

 振り返れば、問題が表面化する前から、「美しい顔」はセンセーショナルで特異だと感じていた。被災地の女…

この記事は有料記事です。

残り1772文字(全文2026文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 自民総裁選 進次郎氏、制止され早期表明断念
  2. 奄美大島 ノネコ捕獲で論争 クロウサギ捕食で
  3. ORICON NEWS ぼくりり、来年1月で活動終了へ「偶像に支配されちゃうことに耐えられない」
  4. 東海第2原発 避難計画拒否を 石岡市長に市民団体 /茨城
  5. 沖縄読谷 米兵、酔って民家侵入 高2長女、妹抱え逃げる

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです