メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

雨のち晴れ

教育の大切さに気付かされ 河合塾理事長・河合弘登さん

受験勉強、将来に生きる

 大学卒業後、富士銀行(現みずほ銀行)に13年間勤めました。東京都内の支店勤務などを経て、スイスの現地法人にも約5年半駐在しました。河合塾は祖父が設立し、叔父や父が理事長を務めてきました。1977年に東京に進出して全国展開が始まっていたとはいえ、東京育ちの私にとって、当時の河合塾は名古屋が主力の地方予備校という感覚でしかなかったんです。

 銀行でずっと働くつもりでしたが、83年に理事長を務めた叔父が急病で59歳で亡くなりました。生前に「…

この記事は有料記事です。

残り943文字(全文1173文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京・足立の住宅に500人分の人骨 標本業者が放置か
  2. ORICON NEWS 『銀魂』また完結できず…担当編集が謝罪「どうあがいても絶望」 続きはアプリで配信
  3. コトバ解説 「死体」と「遺体」の違い
  4. カップヌードルみそ味、4月に新発売 これまでなぜなかった?
  5. 世界の雑記帳 死亡した英男児の棺が空と判明、遺体の扱いに疑念の母親が真実追及

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです