メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

経済観測

プルリラテラリズム(複数主義)の登場=国際公共政策研究センター理事長・田中直毅

 米国離脱後も環太平洋パートナーシップ協定(TPP)は11カ国で発足する。新加盟国も出る。7月25日、ユンケル欧州委員長との間でトランプ米大統領は「貿易戦争」の終結方式を提示した。第二次世界大戦後の多角的(マルチラテラル)枠組みとしての世界貿易機関(WTO)の歴史を背景としつつも、今後は意思と資格とを保持する相手側のみを対象とする複数的(プルリラテラル)枠組みという点で米国はTPP思考を採用した。

 ユンケル委員長は何を差し出したか。新規は米国からの大豆輸入だ。また液化天然ガス(LNG)の輸入増に…

この記事は有料記事です。

残り464文字(全文714文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 日産会長逮捕 ゴーン神話「数字の見栄え良くしただけ」
  2. 盗撮 法の不備あらわ 被害者、流出おびえ
  3. ゴーン会長逮捕 日産社長「私的流用、断じて容認できない」 会見詳報(1)
  4. いま、性被害を語る 男はなぜ痴漢をするのか 性犯罪加害者治療に取り組む斉藤章佳さん 
  5. なりすまし 後絶たず 盗撮画像を添付/別人のわいせつ写真掲載 恐怖・不安、被害者「法整備を」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです