メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

経済観測

プルリラテラリズム(複数主義)の登場=国際公共政策研究センター理事長・田中直毅

 米国離脱後も環太平洋パートナーシップ協定(TPP)は11カ国で発足する。新加盟国も出る。7月25日、ユンケル欧州委員長との間でトランプ米大統領は「貿易戦争」の終結方式を提示した。第二次世界大戦後の多角的(マルチラテラル)枠組みとしての世界貿易機関(WTO)の歴史を背景としつつも、今後は意思と資格とを保持する相手側のみを対象とする複数的(プルリラテラル)枠組みという点で米国はTPP思考を採用した。

 ユンケル委員長は何を差し出したか。新規は米国からの大豆輸入だ。また液化天然ガス(LNG)の輸入増に…

この記事は有料記事です。

残り464文字(全文714文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. プロ野球 セ・リーグ全日程終了危機 阪神残りは18試合
  2. 自民総裁選 じわり広がる不満、圧勝逃す 「安倍1強」転換点
  3. 覚醒剤 使用容疑で元うたのお兄さんを逮捕
  4. 自民総裁選 伸びぬ党員票「打ち上げではない。反省会だ」
  5. 日本維新の会 創始者・橋下氏が新著「維新、失敗だった」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです