メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

西日本豪雨

爪痕深く(その2止) 水害・土砂災害、広範囲に

西日本豪雨 各地の被害

バックウオーター現象や表層崩壊

 西日本豪雨で大きな被害が出た水害や土砂災害は、どのような仕組みで起きたのか。

 水害では、岡山県倉敷市真備町地区で小田川や、その支流の堤防が決壊し、地区の27%にあたる12平方キロが浸水した。決壊の要因として指摘されているのが「バックウオーター現象」だ。小田川の場合、本流の高梁川の水位が上がって小田川からの流入が制限され、小田川の水かさが増して決壊したとみられている。

 堤防の決壊には複数のケースがある。バックウオーター以外にも流木などで川の流れがせき止められて水位が…

この記事は有料記事です。

残り532文字(全文782文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 福岡県警 イオン来店ポイント詐取容疑、男逮捕
  2. 米ユダヤ系団体 ナチス帽着用でBTS非難
  3. ライフスタイル [新年度の疑問]会社の経費で得たポイントやマイル、個人的に使うのアリなの?(GetNavi web)
  4. 横浜女性刺傷 「金を取る目的だった」逮捕の71歳容疑者
  5. ANA 国内線の搭乗 「ステータス」から「番号」に変更

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです