メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

我らが少女A

/355止 第9章 35=高村薫 田中和枝・挿画監修

 西武多摩川線沿線は、外大の新学期や子どもたちのスポーツシーズンが始まり、平日も休日も同じダイヤで走る四両編成の一○一系に明るい声を響かせる。多磨駅の場内やホームとそこに立つ駅員たち、乗り降りする利用客の風景も遠目には何も変わらない、いつもの春だ。

 もっとも、よく眺めると、午前七時台から八時台のラッシュ時に駅に降り立つ利用客のうち、とくに警大関係者の顔ぶれの半数ほどが入れ替わっていたりもする。つい先月まで小野がほぼ毎日見かけていたあのジェラード保安官補もその一人だが、小野は男が桜田門の本庁へ異動したことは知らない。一方、和製キンブルのほうは去年の十一月末を最後に駅に現れなくなっていたし、息子の浅井忍は暮れの二十六日早朝、交通事故で死んだ。佐倉真弓がLINEで知らせてきたのは午前七時過ぎだったが、小野がスマホを見たのは、券売機のトラブルで…

この記事は有料記事です。

残り561文字(全文934文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 夏休み 「気持ちいい」首相が森、小泉元首相らとゴルフ
  2. 訃報 ソウルの女王 アレサ・フランクリンさん76歳
  3. 阿波踊り どうして対立印象づける悪循環に陥ったのか
  4. 絶滅危惧種 シダ植物自生地ほぼ壊滅 公益財団法人が伐採
  5. 鳥栖 中1いじめ、謝罪の市 提訴で態度一変「知らない」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです