メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

くらしナビ・学ぶ

@大学 「世界に通用」支援の成果は? 5年目迎えるSGU事業

ICUと上智大は、グローバル化の推進で強者連合ともいえる連携協定を結んだ。ICUの日比谷潤子学長(左)と上智大の曄道佳明学長=5月24日

 世界レベルの教育・研究を進める大学を支援するとして、鳴り物入りでスタートした文部科学省の「スーパーグローバル大学創成支援(SGU)」事業が、この秋で5年目を迎える。採択された国内37大学の中間評価が行われたが、その実情はどうなっているのか。

 ●外国語の授業数が1.7倍に

 事業は2014年度から始まり、「世界ランキングトップ100を目指す力のある大学」(タイプA)に13校、「社会のグローバル化をけん引する大学」(タイプB)に24校が選ばれた。23年度までの事業期間中に、タイプAには10年間で42億円、タイプBには同17億円を上限に補助金が支給されるというものだった。

 2月の中間評価は表の通り。最高ランクのSから最低のDまで5段階。S評価はタイプAでは筑波大、名古屋…

この記事は有料記事です。

残り1824文字(全文2160文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 総務省 携帯料金、大容量で東京が最高額 世界6都市比較
  2. 大相撲秋場所 稀勢の里、逸ノ城に完敗
  3. 安室さんコンサート 療育手帳提示で入場できず 返金へ
  4. 仙台 交番で警官刺され死亡 襲撃の男、別の警官が射殺
  5. 仙台・警官刺殺 死亡の男は21歳大学生

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです