メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

くらしナビ・学ぶ

@大学 「中根」の目・データが語る 外国語で実施される講座比率1位 立命館アジア太平洋大

外国語で行われている講座の比率が高い大学

 キャンパスのグローバル化に熱心な大学が近年注力するのが、外国語での授業だ。意欲ある外国人学生の受け入れにつながるだけでなく、日本人学生の語学力向上にもなるからだ。

 外国語での講座比率が最も高いのは立命館アジア太平洋大(APU)。約半数の学生が外国人学生で、授業のほとんどが日本語と英語の両方で開講されている。英語以外にも中国語、スペイン語、韓国語、ベトナム語、タイ語など6言語を学ぶことができる。続く国際教養大は最低1年間の留学が卒業要件となっており、APU同様、約半数が外…

この記事は有料記事です。

残り358文字(全文596文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 寡婦控除 未婚に所得制限、事実婚は対象外 与党調整
  2. ことば 寝屋川中1男女殺害事件
  3. 大阪・寝屋川の中1殺害 「娘は優しい子」被害者母が証言 公判
  4. 韓国 慰安婦財団の解散発表 事業終了を決定
  5. 寝屋川中1殺害 「2人に声かけなければ」遺族に被告謝罪

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです