メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

米大統領

イラン大統領と会談に意欲

トランプ米大統領=ワシントンのホワイトハウスで2018年7月30日、AP

 【ワシントン工藤哲】トランプ米大統領は30日、イランのロウハニ大統領と首脳会談に応じる考えを表明した。「誰とでも前提条件なしで会う。(イラン側に)準備があるのかは知らないが、彼らが望めば私はいつでも会う用意がある」と述べた。イタリアのコンテ首相とワシントンで共同記者会見した際に述べた。

 米国は5月にイランと欧米など6カ国が2…

この記事は有料記事です。

残り114文字(全文278文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 館林市議選 投票者総数より多かった 「謎の1票」なぜ
  2. 新潮45休刊 突然の決断、予想超えた批判
  3. 台風24号 29日に沖縄接近 気象庁が警戒呼び掛け
  4. 沖縄知事選 自民、引き締め躍起 野党「ステルス作戦」
  5. トランプ米大統領 自慢に失笑 国連総会で各国指導者

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです