メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

西日本豪雨

カキ養殖に被害 広島・呉

 西日本豪雨で、全国有数のカキの産地である広島県呉市では養殖のためのカキ棚に大きな被害が出ている。カキの育成に大切な時期とあって、養殖業者は頭を悩ませている。

 カキ棚は、カキの稚貝が付いたホタテの貝殻をつるしたもので、河口付近などに置かれている。干満差で空気に触れる環境で1年ほど成長させ、そこから1年以上沖合に出して太らせる。

 市内を流れる黒瀬川の河口には、約600のカキ棚があったが、川の増水によって半数が流されたり、破損し…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 中2男子、校内で同級生の頭を刺す 容体不明 殺人未遂で逮捕 愛媛
  2. 原料に金属か、ロッテとブルボン菓子回収 宇部興産設備で破損、影響拡大
  3. 札幌市が水道料金6140万円と誤通知 本来の6696円の9100倍
  4. 定員割れ神戸・楠高 重度脳性まひ男性が2年連続不合格
  5. 双子のパイロット訓練生、被災の熊本から羽ばたく 全日空と日航に入社へ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです