メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

西日本豪雨

被災者台帳システム導入広がる 情報一元管理

 西日本豪雨の被災自治体で、被災者の被災状況や避難先、支援状況などの情報を一元管理する「被災者台帳システム」を導入する動きが広がっている。広島、岡山の一部の市町で導入済みなほか、岡山市がこのほど導入を決定し、倉敷市も検討している。システムの運用により、生活支援を受けていない被災者を把握しやすくなり、「支援漏れ」を防ぐ効果が期待される。

 被災者台帳システムは2007年、新潟県中越沖地震の際に柏崎市で導入された。民間企業や大学が開発した…

この記事は有料記事です。

残り851文字(全文1069文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 安室さんコンサート 療育手帳提示で入場できず 返金へ
  2. 総務省 携帯料金、大容量で東京が最高額 世界6都市比較
  3. 風疹 流行広がり患者数5倍超 「妊婦は外出避けて」
  4. 仙台 交番で警官刺され死亡 襲撃の男、別の警官が射殺
  5. 仙台・警官刺殺 容疑の大学生に「礼儀正しい子なぜ」の声

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです