メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

西日本豪雨

被災者台帳システム導入広がる 情報一元管理

 西日本豪雨の被災自治体で、被災者の被災状況や避難先、支援状況などの情報を一元管理する「被災者台帳システム」を導入する動きが広がっている。広島、岡山の一部の市町で導入済みなほか、岡山市がこのほど導入を決定し、倉敷市も検討している。システムの運用により、生活支援を受けていない被災者を把握しやすくなり、「支援漏れ」を防ぐ効果が期待される。

 被災者台帳システムは2007年、新潟県中越沖地震の際に柏崎市で導入された。民間企業や大学が開発した…

この記事は有料記事です。

残り851文字(全文1069文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. カジワラさん「入国時、約2時間入管で足止め」 辺野古移設でサイト署名呼びかけ人
  2. アクセス 即位で10連休、非正規悲鳴 月7万円減収/人手不足で「働き詰め」 格差の放置浮き彫り
  3. 「非正規に励み」「画期的な判決」 ボーナス不支給違法判断、大阪高裁
  4. 墜落 空自戦闘機、山口沖に 乗員2人救助 築城基地所属
  5. 「手術女性患者にわいせつ」医師に無罪判決 「女性に性的幻覚の可能性」 東京地裁

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです