メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

長崎で被爆

73年前の恩人捜す 福岡の85歳男性

原爆前の自宅周辺が分かる地図を広げ、被爆時の状況を語る北村正人さん=福岡市早良区で2018年6月28日、青木絵美撮影

 73年前に長崎に投下された原爆で、母やきょうだいの肉親6人を一度に亡くした福岡市早良区の北村正人さん(85)は、12歳で独りぼっちになった自分を被爆直後に受け入れてくれた恩人一家を今も捜している。手がかりは最寄り駅と「梅太郎さん」と呼ばれていた男性の名前だけ。「家族が死んだことが信じられず、何をどうしていいか分からん時にお世話になった。言えなかったお礼を言いたい」と思いを募らせる。

 1945年8月9日、当時長崎市立商業学校1年だった北村さんは、現在の長崎市南部にあった学徒動員先の…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. イチロー引退会見「妻と一弓には感謝の思いしかない」一問一答(その5)
  2. 佳子さまがICU卒業 「充実した学生生活に感謝」
  3. イチロー引退会見「野球が楽しかったのは94年まで」一問一答(その3)
  4. 札幌で雪 冬に逆戻り 24日まで気温低く
  5. 佳子さま 「結婚は当人の気持ち重要。姉の希望かなう形に」 宮内記者会の質問回答全文

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです