メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

広島県

「災害警戒区域」住民に危険を個別周知へ

 広島県は30日、土砂崩れなどの危険性が高い「土砂災害警戒区域」を指定する際、該当区域の世帯に個別に地図などの資料を送付し、注意を呼び掛ける方針を決めた。西日本豪雨では県内の土砂災害死者の半数が警戒区域内で見つかったことを受け、住民が早めに危険を認識できるよう運用を改める。

 警戒区域は現在、県が調査を経て指定を予定する地域をホームページで公開し、住民説明会を開いて了…

この記事は有料記事です。

残り276文字(全文460文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 米国 ガガさん「大統領、少しは加州の人に思いを」と批判
  2. 特集ワイド 安田純平さん シリア拘束で「無期懲役の恐怖」 自分の人生、変えていきたい
  3. 日米野球 日本が九回に2点差を逆転 通算3勝1敗に
  4. 米国 「次は大統領選」中間選挙終了で政界の動きが一気に
  5. サウジ記者殺害 音声記録に「ボスに伝えてくれ」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです