メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

台風12号

やや発達しながら奄美大島沖に

 日本列島を東から西に進んだ台風12号は30日、鹿児島県沖をゆっくりと南下した。31日にかけてやや発達しながら種子島・屋久島地方を反時計回りにゆっくりと進んだ後、8月1日には東シナ海を西に向かう見通し。鹿児島沖で停滞することになるため、九州や四国地方は影響が長引く恐れがあり、気象庁は土砂災害や河川の増水などに注意を呼びかけている。

     気象庁によると、31日午前0時現在、奄美大島の北東約90キロの海上を時速20キロで南南東に進んでいる。中心気圧は994ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は18メートル、最大瞬間風速は25メートル。31日午後6時までの24時間雨量は、多い所で▽四国250ミリ▽九州南部200ミリ▽九州北部180ミリ--と予想している。【宗岡敬介】

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 日産会長逮捕 ゴーン神話「数字の見栄え良くしただけ」
    2. ゴーン会長逮捕 日産社長「私的流用、断じて容認できない」 会見詳報(1)
    3. 高校野球 練習試合で頭に死球、熊本西高の生徒が死亡
    4. 全国高校サッカー 県大会 西京、5年ぶり全国切符 高川学園の猛攻しのぐ /山口
    5. 日産 ゴーン会長を解任へ 「会社資金を私的に流用」

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです