メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

長期金利上昇容認

日銀、苦肉の軌道修正 緩和の副作用に配慮

金融政策決定会合後、記者会見する黒田東彦日銀総裁=東京都中央区の日銀本店で2018年7月31日、長谷川直亮撮影

 日銀が金融緩和政策を約1年10カ月ぶりに修正した。現状のままでは2%の物価上昇目標の達成は困難と認め、緩和の長期化を打ち出す一方、一定の金利上昇を容認することで副作用にも配慮した。だが、小手先の修正で多くの矛盾をはらんでおり、目標達成の先送りを繰り返してきた日銀の「苦肉の策」とも言える。緩和政策の信頼性や持続性強化につながるかは見通せない。

この記事は有料記事です。

残り1991文字(全文2163文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 風知草 圧勝ですが、何か?=山田孝男
  2. Dr.北村が語る現代思春期 危険な「セクスティング」 削除できない性的画像
  3. 花嫁行列 思うのはあなた一人 愛知・半田
  4. 会津藩公行列 「ありがとなし…」綾瀬はるかさん手を振り
  5. 一日警察署長 交通ルール守ってね AKB48・永野さん

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです