メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

美術

「ジャポニスム2018」報告/上 日本の精神性打ち出し

ロスチャイルド館で開催されている「深みへ」展で展示されている田中一村=パリで2018年7月13日、高橋咲子撮影(絵は(C)2018 Hiroshi Niiyama)

 パリで7月に始まった、日本博「ジャポニスム2018」。東京オリンピック・パラリンピックに向けて、ソフトパワーにより日本の存在感を高めようとする政府肝煎りのイベントで、約8カ月にわたってジャンルや時代を横断したさまざまな催しがパリを中心に100近くの会場で開催される。開幕直後のパリを取材し、美術展を中心に2回にわたって報告する。

 「ジャポニスム2018」は、日仏両政府の合意の下、国際交流基金が中心となって開催。美術や演劇、映画…

この記事は有料記事です。

残り1569文字(全文1784文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 福岡県警 イオン来店ポイント詐取容疑、男逮捕
  2. 米ユダヤ系団体 ナチス帽着用でBTS非難
  3. ライフスタイル [新年度の疑問]会社の経費で得たポイントやマイル、個人的に使うのアリなの?(GetNavi web)
  4. 横浜女性刺傷 「金を取る目的だった」逮捕の71歳容疑者
  5. ANA 国内線の搭乗 「ステータス」から「番号」に変更

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです