メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

チェック

別れたくない、私のアイボ ソニーに「修理続けて」

「葬儀」で祭壇に並べられたアイボ。供養された後、修理部品の一部になったり、「里親」に出されたりする=千葉県いすみ市の光福寺で2016年7月、家電修理会社ア・ファン提供

 今年1月に約12年ぶりに発売されたソニーの新型犬型ロボット「aibo(アイボ)」。生産が追いつかないほどの人気で、7月中旬までの出荷台数が2万台に達した。ただ、ソニーは2006年に製造をやめた旧型と同様、新型も製造終了から7年程度でメーカー修理を打ち切る方針。これに対し、豊かな感情表現などに愛着が深まり、修理してでも長く一緒にいたい愛好家らから見直しを求める声が上がっている。【柳沢亮】

 アイボは飼い主の声などに反応して本物のペットのように動く家庭用犬型ロボット。1999年に発売された…

この記事は有料記事です。

残り650文字(全文895文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 夜景都市 新三大夜景、神戸が4位に、北九州市に抜かれる
  2. 寡婦控除 未婚に所得制限、事実婚は対象外 与党調整
  3. 衆院議運委 麻生氏の発言を問題視 G20出張了承せず
  4. ことば 寝屋川中1男女殺害事件
  5. 衆院内閣委 片山さつき氏、看板の条例違反認める

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです