メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

チェック

別れたくない、私のアイボ ソニーに「修理続けて」

「葬儀」で祭壇に並べられたアイボ。供養された後、修理部品の一部になったり、「里親」に出されたりする=千葉県いすみ市の光福寺で2016年7月、家電修理会社ア・ファン提供

 今年1月に約12年ぶりに発売されたソニーの新型犬型ロボット「aibo(アイボ)」。生産が追いつかないほどの人気で、7月中旬までの出荷台数が2万台に達した。ただ、ソニーは2006年に製造をやめた旧型と同様、新型も製造終了から7年程度でメーカー修理を打ち切る方針。これに対し、豊かな感情表現などに愛着が深まり、修理してでも長く一緒にいたい愛好家らから見直しを求める声が上がっている。【柳沢亮】

 アイボは飼い主の声などに反応して本物のペットのように動く家庭用犬型ロボット。1999年に発売された…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 定員割れ神戸・楠高 重度脳性まひ男性が2年連続不合格
  2. 中2男子、校内で同級生の頭を刺す 容体不明 殺人未遂で逮捕 愛媛
  3. 原料に金属か、ロッテとブルボン菓子回収 宇部興産設備で破損、影響拡大
  4. 米グーグル、年内にゲーム参入 専用機不要、業界の構図変動も
  5. 辺野古 玉城知事の「上告取り下げ」県政与党は寝耳に水 首相に辺野古「譲歩カード」 /沖縄

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです