メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

トロリーバス

さよなら 黒部へ観光客運び半世紀 11月廃止、来春から電気バスに

廃止されるトロリーバス区間

 黒部ダム駅(富山県立山町)と扇沢駅(長野県大町市)を結ぶトロリーバスが11月末に廃止され、約54年間の歴史に幕を閉じる。「トロバス」の愛称で長年親しまれ、惜しむ人らで乗客が増加。盛り上げを狙い、地元では映画「黒部の太陽」関連の模型展示など多彩な催しが行われている。

 トロバスは関西電力が運営し、観光路「立山黒部アルペンルート」の関電トンネルを走る。1964年8月の運行開始後、乗客は累計6000万人を超えた。トンネルはもともとダム建設の資材運搬路。観光客はトンネル内の黒部ダム駅で降り、地中の階段でダムへ行くため独特の雰囲気を味わえる。

 水害で駅に土砂が入るなど苦労も多かったが、運行開始から無事故を誇る。関電は昨年8月、老朽化やコスト…

この記事は有料記事です。

残り487文字(全文806文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 女性描くリアルな “油絵”がSNSで反響「興味のない人にも届けたい」
  2. WEB CARTOP 新東名高速の6車線化が決定! 渋滞もしていないのに900億円をかけて実施する理由とは
  3. みなとみらいにロープウエー 20年開業目指す 桜木町駅と運河パーク結ぶ
  4. 北海道地震でデマ 道警、警戒呼びかけ「本震が来る」「中国の実験が原因」 鳩山元首相投稿も
  5. 堀ちえみさん、11時間にわたるがんの手術終わる 夫がブログで報告

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです