メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

73年後の夏

戦争と表現者たち/1 南北を隔てるもの

菱田雄介さん

 初夏、ある写真展が話題になった。東京・カンザンギャラリーで開催された菱田雄介さん(46)=東京都=の「border-korea」。北朝鮮と韓国、二つの国を隔てるものを問いかける内容が、朝鮮半島情勢とリンクするようだったからだ。

 2枚1組で展示されたポートレート。左に赤いスカーフを結んだ制服姿の女の子、右にピンクのワンピースを着た女の子。北朝鮮と韓国で撮影した。丸顔でアーモンドのような目。暗い室内、左からさす光、背景のカーテン……。こちらを混乱させるかのように、似た印象を投げかける。

この記事は有料記事です。

残り901文字(全文1145文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 羽生、魂の演技でフリー200点、トータル300点超え
  2. 羽生の後でも乱れず チェン、圧巻の世界最高得点で2連覇
  3. 「皇帝」の演目演じきった羽生、300点台の2位にも「負けは死も同然」
  4. 大阪市長選告示 新人2人届け出 「大阪都構想」の是非問う
  5. チェン、世界最高得点で2連覇 羽生は2位 世界フィギュア

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです