メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

美術

木版画の神様 平塚運一展 「本質」追い求めた軌跡=評・永田晶子

 1997年に102歳で没した平塚運一は大正・昭和・平成と活躍した版画家。画家が自ら版木を彫り、摺(す)りも担う「創作版画」の普及に尽力し、棟方志功らを育てた。関東では18年ぶりの回顧展は年代順に約300点を紹介し、木版画の「本質」を一心に追い求めた軌跡を浮かび上がらせる。

 1895年に松江に生まれ幼い時から木版画に親しんだ。転機は創作版画運動を推進する洋画家、石井柏亭との出会い。19歳で上京し、石井が紹介した彫り師の下での修業を経て翌年早くも二科展に入賞を果たす。

 初期は故郷の松江や関東大震災後の東京の風景、動植物や人物を主題に、伝統的技法だけでなく、西洋由来の…

この記事は有料記事です。

残り445文字(全文730文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 会津藩公行列 「ありがとなし…」綾瀬はるかさん手を振り
  2. みんなの広場 「満員御礼」幕の下に空席が=小学校非常勤講師・岩代孝一・60
  3. 警察庁 40代女性警視がセクハラ被害 公務災害に認定
  4. プロ野球 広島、マジック1
  5. サッカー デルピエロがFC岐阜にエール

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです