メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

定型の窓から

異常気象と季語=片山由美子

目のついてゆけぬ迅さの出水川 藤崎久を

秋たつや川瀬にまじる風の音 飯田蛇笏

 各地で記録的な暑さが続くなど、日本は異常気象のまっただ中にある。例年なら梅雨末期に大雨となることが多いが、今年は多くの地域で梅雨が明けてから集中豪雨に見舞われた。それも、西日本豪雨のように、想像を絶するものであった。

 季語で「出水」といえば梅雨どきの豪雨による洪水のことで、台風などによってもたらされる「秋出水」と区別している。それだけ、梅雨明け前後の大雨は実感として定着していたのである。しかし、今回のような水害は、気象情報などでいわれた「これまでに体験したことのない」大雨によるものだった。

 目のついてゆけぬ迅(はや)さの出水川 藤崎久を

この記事は有料記事です。

残り973文字(全文1282文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 自民党総裁選 発言・論点をはぐらかす 識者が指摘する安倍首相「ご飯論法」の具体例
  2. 自民党総裁選 石破氏、「応援なら大臣辞めろ」はパワハラ
  3. 質問なるほドリ NHK受信料、支払いは義務? テレビ設置日から 最高裁が初判断=回答・伊藤直孝
  4. NHK受信料 憲法判断 契約成立時期なども あす最高裁判決
  5. 金足農 寄付2億7000万円に 文化祭は一般公開中止に

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです