メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

定型の窓から

異常気象と季語=片山由美子

目のついてゆけぬ迅さの出水川 藤崎久を

秋たつや川瀬にまじる風の音 飯田蛇笏

 各地で記録的な暑さが続くなど、日本は異常気象のまっただ中にある。例年なら梅雨末期に大雨となることが多いが、今年は多くの地域で梅雨が明けてから集中豪雨に見舞われた。それも、西日本豪雨のように、想像を絶するものであった。

 季語で「出水」といえば梅雨どきの豪雨による洪水のことで、台風などによってもたらされる「秋出水」と区別している。それだけ、梅雨明け前後の大雨は実感として定着していたのである。しかし、今回のような水害は、気象情報などでいわれた「これまでに体験したことのない」大雨によるものだった。

 目のついてゆけぬ迅(はや)さの出水川 藤崎久を

この記事は有料記事です。

残り973文字(全文1282文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 全国から注文殺到 福島名物「ラヂウム玉子」ロゴ入りTシャツが人気
  2. わいせつ行為 児童9人に 小学教諭を懲戒免職に 県教委 /長崎
  3. 競馬・藤田菜七子はG1制覇ならず5着 フェブラリーステークス
  4. 時代の風 日本人の変わらぬ中国観 自国の立ち位置、直視を=城戸久枝・ノンフィクションライター
  5. 解決せぬ差別に失望 性同一性障害を持つ上田さん「時代はむしろ後退」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです