メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ナビゲート

「優生学」から「優生思想」へ=粥川準二(科学ライター)

 最近、メディア上で「優生思想」という言葉を見かけることが多い。たとえば出生前診断や相模原事件を語るとき、この言葉がよく使われる。あるいは最近では、ある与党議員が「LGBTには生産性がない」と主張し、「優生思想だ」と激しく批判された。

 この言葉はどうやら「優生学」が変化したものらしい。優生学とは、ダーウィンのいとこ、フランシス・ゴールトンが1883年につくり出した言葉で、ある人種の「質」を改良するための学問、と提唱された。障害者の断種などが国の政策として行われる場合には「優生政策」と呼ばれることもある。優生政策はナチス・ドイツが悪名高いが、最近報道され続けているように障害者の…

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. アイス ピノがCMをやめた理由
  2. 城に県庁鎮座は「ひんしゅく」 福井県で議論へ
  3. 韓国との協議打ち切り 防衛省が最終見解 レーダー照射音公開
  4. ORICON NEWS “冬アイス”定着の陰で『100円みぞれ』が販売終了、ふわサク「進化系かき氷」戦争へ
  5. 愛媛県庁前で男性倒れる 手に拳銃か

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです