メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

西日本豪雨

原爆慰霊、豪雨の影 各地の行事「やむなく中止」「簡素化」 広島

西日本豪雨で出た災害ゴミや土砂が仮置きされている公園に建つ原爆死没者の追悼碑=広島市安芸区で2018年8月1日午前9時11分、山崎一輝撮影

 西日本豪雨で死者108人、行方不明者6人と甚大な被害が出た広島県。6日の広島原爆の日に向け、自治体や住民が例年営んでいる慰霊行事が、今年は相次いで中止されている。一方で、戦争犠牲者の追悼、平和への祈りの場を守り続けようと、規模を縮小して開催する動きもある。【佐藤英里奈】

 豪雨で8人が犠牲になった三原市では、4日に計画していた原爆死没者の追悼式が中止になった。市と市教委による共催で、毎年400人ほどの市民が集まる式典だが、市職員が災害対応に追われて準備に手が回らなかったという。

 呉市は、7月末から開催する予定だった原爆被害を紹介するパネル展を取りやめた。会場となる市役所1階の…

この記事は有料記事です。

残り436文字(全文727文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ホテル 「ヒルトン福岡」駐日キューバ大使の宿泊拒否
  2. 入れ墨 「医療行為に当たらず」 彫り師に逆転無罪
  3. 中央防災会議 南海トラフ前兆 M8級「半割れ」で要避難
  4. セクハラ防止ポスター 困り顔の男性をアップ 批判相次ぐ
  5. 決算予想 ライザップ赤字に グループ企業業績改善遅れで

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです