メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

 東京の国立成育医療研究センターは、年間分娩(ぶんべん)数2000を超える国内のお産の拠点病院だ。難病の子が治療を受ける場所でもあり、電動車椅子や人工呼吸器を利用している子どもと親が行き交う。そんな光景をいつも目にしている同センター広報担当、佐藤徹さん(33)は、IT企業に勤めた経験から、さまざまな支援があることをウェブで広く伝えたいと考えていた…

この記事は有料記事です。

残り263文字(全文437文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 社説 「イッテQ」にやらせ疑惑 うやむやでは済まされぬ
  2. 街頭演説 麻生氏「人の税金で大学に」 東大卒市長批判
  3. 防衛省 自衛官定年延長へ 少子化で応募減 年内に決定
  4. 徳島・三好市長 赤旗コラム盗用 市報に掲載
  5. 戦争の愚 風船爆弾に悔い 製造の経験を小説に

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです