メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

 東京の国立成育医療研究センターは、年間分娩(ぶんべん)数2000を超える国内のお産の拠点病院だ。難病の子が治療を受ける場所でもあり、電動車椅子や人工呼吸器を利用している子どもと親が行き交う。そんな光景をいつも目にしている同センター広報担当、佐藤徹さん(33)は、IT企業に勤めた経験から、さまざまな支援があることをウェブで広く伝えたいと考えていた…

この記事は有料記事です。

残り263文字(全文437文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新潮45 杉田氏擁護特集で社長コメント「常識逸脱した」
  2. 沖縄読谷 米兵、酔って民家侵入 高2長女、妹抱え逃げる
  3. 新潮45 杉田水脈議員擁護の特集 批判は「見当はずれ」
  4. 新潮45 最新号特集に批判拡大 「社内造反」に応援次々
  5. 自民総裁選 カツカレー「食い逃げ」議員は? 安倍陣営

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです