メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

インタビュー・最前線

阪急阪神不動産 若林常夫社長 関西ブランドを向上 組織再編し新体制

阪急阪神不動産の若林常夫社長=大阪市北区で2018年6月27日、大道寺峰子撮影

 阪急阪神不動産(大阪市北区)は今年4月、阪急、阪神の両電鉄会社の不動産部門を統合するなどして発足した。2025年に向けた阪急阪神グループ全体の長期ビジョンでも、不動産事業は柱であり、梅田や沿線の開発に加え、首都圏や海外への拡大が鍵を握る。若林常夫社長(59)に今後の戦略を聞いた。【大道寺峰子】

 --組織を再編した狙いを教えてください。

 ◆06年の阪急阪神ホールディングス(HD)発足から10年余りで、財務体質の改善にめどがつきました。…

この記事は有料記事です。

残り1430文字(全文1649文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新潮45休刊 突然の決断、予想超えた批判
  2. 新潮社 「新潮45」休刊声明全文 「深い反省の思い」
  3. 新潮45休刊 「組織ぐるみ擁護に怒り」新潮社前でデモ
  4. 新潮社 「新潮45」が休刊 杉田氏擁護特集で批判浴び
  5. 大相撲 貴乃花親方「告発は真実」 信念貫き、角界去る

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです