メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

とうほく彩発見/宮城

七つの蔵が合同で仕込んだ酒=橋本建哉さん /宮城

 <TOUHOKU SAIHAKKEN>

杜氏が負傷、蔵人ら奮闘 橋本建哉さん(宮城県産業技術総合センター総括研究員)

 7月中旬の暑い夕方、仕事帰りに立ち寄った飲み屋のメニューに「DATE SEVENあります」の文字を見つけた。DATE SEVENとは宮城県の山和、伯楽星、日輪田、黄金澤、勝山、墨廼江、宮寒梅の七つの蔵が技術の研さんのために毎年違う目標を立て、一つの蔵に集まって、一度だけ合同で仕込んだお酒で、7月7日に発売された。機会があったらいただきたいと思っていたので早速注文した。

 酒質の目標はその年の幹事蔵に委ねられ、仕込みも幹事蔵で行う決まり。7月8日付本紙宮城面にも載ってい…

この記事は有料記事です。

残り1301文字(全文1595文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 北海道地震でデマ 道警、警戒呼びかけ「本震が来る」「中国の実験が原因」 鳩山元首相投稿も
  2. 受験と私 鳩山由紀夫さん「東大の合格確率は5%以下だった」
  3. 東京・足立の住宅に500人分の人骨 標本業者が放置か
  4. コトバ解説 「死体」と「遺体」の違い
  5. ORICON NEWS 『銀魂』また完結できず…担当編集が謝罪「どうあがいても絶望」 続きはアプリで配信

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです