メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

にいがた記者日記

出せるか新たな「にぎわい」=浅見茂晴 /新潟

 糸魚川大火から1年7カ月が過ぎた。被災地では被災者向け市営住宅の建設が始まり、200トンの防火水槽の設置も順調に進んでおり、市が復興まちづくり計画で示した三つの方針で示された、「大火に強い」「住み続けられる」まちが姿を現しつつある。

 方針の、もう一つは、最も難しい「にぎわいのあるまちづくり」だ。市は復興計画で打ち出した「防災とにぎわいの拠点施設」整備を中心に…

この記事は有料記事です。

残り272文字(全文453文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 奈良女児殺害14年 父親が手記「私の背中そっと支える」
  2. 衆院内閣委 桜田五輪相「判断力は抜群」「世界で有名に」
  3. 慰安婦財団解散 日本政府、強く反発も…漂う“韓国疲れ”
  4. 夜景都市 新三大夜景、神戸が4位に、北九州市に抜かれる
  5. 兵庫県警 ホルマリン誤注入で医師ら書類送検 患者に傷害

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです