メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ミニ論点

プルトニウム削減指針 元国際エネルギー機関事務局長・田中伸男氏/元原子力委員長代理・鈴木達治郎氏

 原子力委員会がプルトニウム利用の新指針で、日本の保有量削減に初めて踏み込んだ。プルサーマル発電として原発で使う現状の核燃料サイクルが行き詰まる中、どう削減すべきか識者に聞いた。

高速炉研究前進を 笹川平和財団会長、元国際エネルギー機関事務局長・田中伸男氏

 プルトニウムを安全かつ平和的に利用する日本の方針は、国際的にも認められており、揺るぎないものだ。ただ、プルトニウム利用の本命だった「もんじゅ」の廃炉が決まり、プルサーマルで使いきれない状況になったことで、国際的な懸念を招いている。

 政府は、もんじゅに代わる高速炉の路線を明確に示すべきだ。そうすれば国民も国際社会も納得する。

この記事は有料記事です。

残り590文字(全文880文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 会津藩公行列 「ありがとなし…」綾瀬はるかさん手を振り
  2. 今日から俺は!! “敵役”に城田優、中村倫也、須賀健太ら メインゲスト11人を一挙発表 
  3. 女子テニス 大坂ウイルス性の病気のため武漢オープン欠場
  4. 障害者雇用水増し 「名前貸して」元横浜家裁職員が証言
  5. サッカー デルピエロがFC岐阜にエール

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです