メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

水説

立ち止まらせる言葉=中村秀明

 <sui-setsu>

 1面コラム「余録」がNHKラジオの子ども向け電話相談の面白さを取り上げた。この番組にしかない特別な瞬間もふれていた。

 専門家の解説がひと通り終わったのに子どもが黙りこむ瞬間だ。「わかりましたか?」と問われても、沈黙が続く。ラジオから鼻息だけが聞こえてくることもある。

 子どもに難しすぎる用語で自らの知識にとらわれて話す専門家も多い。子どもの素朴な気持ちを酌めず、まわりくどく長いこともある。電話口の子どもは、その解説の中にも別の新たな疑問が浮かんでいるようだ。

 そんな時、子どもは知ったかぶりなどしない。わかったふうな口もきかない。ただ黙っている。

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 小学校で800キロのひさし落下、けが人なし 大阪・松原
  2. 質問なるほドリ 「カサンドラ症候群」って? 意図伝わらぬ障害の相手に苦悩 心身に不調=回答・野村房代
  3. 猛吹雪「ホワイトアウト」で家見えず 自宅数十センチ手前で凍死 北海道当別町
  4. 「世界中の労働者の敵」ゴーン被告、リストラ断行の仏でも怒りの声
  5. 南アフリカ 航空機の車輪格納部から遺体 密入国か

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです