メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

質問なるほドリ

プルトニウムって何? 核兵器や原発燃料に使用 再利用名目に日本保有=回答・岡田英

プルトニウムを取り出すための再処理工場=青森県六ケ所村で2011年3月27日、本社機から小松雄介撮影

 なるほドリ 日本が減らす目標を掲げたプルトニウムって何なのかな?

 記者 自然界にはほとんど存在しない元素で、原子炉で核燃料(かくねんりょう)中のウランに中性子が当たることで作り出されます。単体では銀白色の金属です。構成している原子核が核分裂(かくぶんれつ)を起こしやすく、その際に大きなエネルギーを出すため、核兵器や一部の原発の燃料として使われてきました。放射性物質の量が半分になる時間「半減期(はんげんき)」は約2万4000年です。

この記事は有料記事です。

残り620文字(全文838文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 健康対策 米、メントールたばこ禁止方針
  2. 橋爪功 「まんぷく」を朝ドラと知らず出演快諾 「泥臭く人間臭いドラマになれば」と
  3. クローズアップ2017 特養、受け入れ敬遠 国の制限「意味ない」
  4. 6さいからのニュース シャンシャンおやばなれへ
  5. 老老介護 低所得ほど長時間 国立長寿医療研調査、情報不足や孤立の恐れ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです