メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

論点

揺らぐ戦後国際秩序

貿易摩擦の悪化回避で一致したトランプ米大統領(右)と欧州連合(EU)のユンケル欧州委員長=ワシントンで7月25日、AP

 トランプ米大統領の保護主義的な関税政策が主要国と「貿易戦争」の様相を呈し、中国やロシアなど権威主義的な政権が影響力を増大する--。法の支配、自由貿易、民主主義などのルールに基づく、第二次世界大戦後の「リベラルな国際秩序」が揺らいでいる。世界はどこに向かうのか。そして日本の役割は。米欧の識者に聞いた。

この記事は有料記事です。

残り3837文字(全文3988文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 魔裟斗&須藤元気が山本KIDさん追悼 04年&05年大みそかにKIDさんと対戦
  2. 自民党総裁選 発言・論点をはぐらかす 識者が指摘する安倍首相「ご飯論法」の具体例
  3. 北電 苫東1号機18日夕にも復旧 節電協力も緩和
  4. 訃報 山本KID徳郁さん、がんで死去 総合格闘家
  5. 金足農 寄付2億7000万円に 文化祭は一般公開中止に

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです