メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

論点

揺らぐ戦後国際秩序

貿易摩擦の悪化回避で一致したトランプ米大統領(右)と欧州連合(EU)のユンケル欧州委員長=ワシントンで7月25日、AP

 トランプ米大統領の保護主義的な関税政策が主要国と「貿易戦争」の様相を呈し、中国やロシアなど権威主義的な政権が影響力を増大する--。法の支配、自由貿易、民主主義などのルールに基づく、第二次世界大戦後の「リベラルな国際秩序」が揺らいでいる。世界はどこに向かうのか。そして日本の役割は。米欧の識者に聞いた。

この記事は有料記事です。

残り3837文字(全文3988文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 街頭演説 麻生氏「人の税金で大学に」 東大卒市長批判
  2. 橋爪功 「まんぷく」を朝ドラと知らず出演快諾 「泥臭く人間臭いドラマになれば」と
  3. 健康対策 米、メントールたばこ禁止方針
  4. ガンバレルーヤ・よしこさん 病気のため一時休養を発表
  5. 選抜高校野球 21世紀枠、推薦46校出そろう

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです