メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

北朝鮮

ICBM開発継続か 1~2基、画像で確認 米紙報道

 【ワシントン共同】米紙ワシントン・ポスト電子版は30日、北朝鮮が平壌郊外の山陰洞にある施設で、液体燃料を使用した大陸間弾道ミサイル(ICBM)の開発を続けている形跡があると報じた。全米を射程に収める火星15が含まれているとみられる。米情報当局関係者の話としている。

 北朝鮮は金正恩(キムジョンウン)朝鮮労働党委員長が6月の米朝首脳会談で「朝鮮半島の完全な非核化」を約束したが、弾道ミサイル開発には言及していない。ポンペオ国務長官は7月25日の議会公聴会で、…

この記事は有料記事です。

残り344文字(全文573文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ゆるキャラ GPは志木の「カパル」 注目の四日市は3位
  2. 北海道 函館山ロープウェイ開業60周年 無料開放
  3. 兵庫・篠山市 「丹波篠山市」変更が賛成多数 住民投票
  4. 高校ラグビー 大阪第3地区は常翔学園に
  5. 社説 「イッテQ」にやらせ疑惑 うやむやでは済まされぬ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです