メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

北朝鮮

ICBM開発継続か 1~2基、画像で確認 米紙報道

 【ワシントン共同】米紙ワシントン・ポスト電子版は30日、北朝鮮が平壌郊外の山陰洞にある施設で、液体燃料を使用した大陸間弾道ミサイル(ICBM)の開発を続けている形跡があると報じた。全米を射程に収める火星15が含まれているとみられる。米情報当局関係者の話としている。

 北朝鮮は金正恩(キムジョンウン)朝鮮労働党委員長が6月の米朝首脳会談で「朝鮮半島の完全な非核化」を約束したが、弾道ミサイル開発には言及していない。ポンペオ国務長官は7月25日の議会公聴会で、…

この記事は有料記事です。

残り344文字(全文573文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 防弾少年団 秋元康氏作詞の新曲発表中止 ファン批判で
  2. 自民総裁選 進次郎氏、制止され早期表明断念
  3. 安倍3選・その先 /下 「後継」はや駆け引き
  4. 米国 大統領令を準備 独禁法違反で米、グーグルなど調査
  5. 訃報 国友やすゆきさん65歳=漫画家、「100億の男」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです