メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

北朝鮮

ICBM開発継続か 1~2基、画像で確認 米紙報道

 【ワシントン共同】米紙ワシントン・ポスト電子版は30日、北朝鮮が平壌郊外の山陰洞にある施設で、液体燃料を使用した大陸間弾道ミサイル(ICBM)の開発を続けている形跡があると報じた。全米を射程に収める火星15が含まれているとみられる。米情報当局関係者の話としている。

 北朝鮮は金正恩(キムジョンウン)朝鮮労働党委員長が6月の米朝首脳会談で「朝鮮半島の完全な非核化」を約束したが、弾道ミサイル開発には言及していない。ポンペオ国務長官は7月25日の議会公聴会で、…

この記事は有料記事です。

残り344文字(全文573文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 詐欺的サブリース 広がる 不動産業者、若者狙う 二重契約でローン一部ピンハネ 一括返金請求の恐れ
  2. 「クルーズ船で入国し失踪」外国人 初の年間100人超 九州で全体7割
  3. 離婚慰謝料 不倫相手が賠償、判断 最高裁弁論
  4. 定年離婚 妻は真剣? 子どもあり28%「考えた」
  5. 硫黄島遺骨 DNA鑑定拒む 「遺品なし」理由 厚労省

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです