メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

街角から

庶民の言葉 ベルリン支局・中西啓介

 ドイツには各地に方言が残るが、首都ベルリンも例外ではない。旧西独時代から労働者と移民が住む北部ウエディング地区は、ベルリンなまりで話す人々が今も多く暮らす「下町」。先日も銀行の入り口で、つえを手にした高齢女性に扉を開けると、「ディット・イス・ネート(ご親切に)」。独特の発音でお礼が返ってきた。

 標準ドイツ語では「ダス・イスト・ネット」と切れ良く発音するが、くぐもった発音のなまりはぬくもりを感じさせる。地区の居酒屋で政治好きな友人…

この記事は有料記事です。

残り327文字(全文544文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS キムタク、“オフ”の長澤まさみの姿を暴露 本人赤面「天気が良かったから」
  2. NTT社長 ドコモ値下げ、全社で支援 効率化を協議へ
  3. 日産会長逮捕 ゴーン神話「数字の見栄え良くしただけ」
  4. ゴーン会長逮捕 閉鎖の工場地元「人情ない人と思ってた」
  5. ゴーン会長逮捕 ホンダ関係者「やったぜ日産」 投稿削除

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです