メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

街角から

庶民の言葉 ベルリン支局・中西啓介

 ドイツには各地に方言が残るが、首都ベルリンも例外ではない。旧西独時代から労働者と移民が住む北部ウエディング地区は、ベルリンなまりで話す人々が今も多く暮らす「下町」。先日も銀行の入り口で、つえを手にした高齢女性に扉を開けると、「ディット・イス・ネート(ご親切に)」。独特の発音でお礼が返ってきた。

 標準ドイツ語では「ダス・イスト・ネット」と切れ良く発音するが、くぐもった発音のなまりはぬくもりを感じさせる。地区の居酒屋で政治好きな友人…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 年金事務所長、ツイッターでヘイト発言し更迭
  2. 森昌子さん引退へ 公式HPで発表
  3. 名古屋・栄地区活性化に 情報発信スポット「S.Core」開設へ 松坂屋
  4. 盛岡大付が延長サヨナラ 21世紀枠石岡一、最後に力尽きる
  5. 特集ワイド ノーベル賞さえ取引材料? トランプ氏「安倍首相に推薦された」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです