メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大手電力10社

4社赤字 燃料高、原発停止が響く

電力10社の連結決算と燃料費

 大手電力10社の2018年4~6月期連結決算が31日出そろった。原発停止や原油価格の上昇による火力発電の燃料費増加の影響で、九州電力など4社の経常損益が赤字に転落した。東京電力など6社は燃料高の影響を受けたものの、経営の合理化や設備の修繕費削減などで黒字を確保した。

 10社合計の燃料費は前年同期と比べ314億円増えた。最も赤字幅の大きかった九電は、川内原発1、2号機(鹿児島県)の定期検査により、火力発電の稼働を…

この記事は有料記事です。

残り312文字(全文520文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 宮内庁 永久保存の公文書1冊が所在不明
  2. プレスリリース ジャイアントパンダの赤ちゃん(2日齢) 母親「良浜(らうひん)」からの授乳を確認できました(共同通信PRワイヤー)
  3. 浜松 市議がアダルト動画投稿 10万円利益 辞職願提出
  4. 富田林署逃走 捜査かく乱か ひったくり携帯投棄の疑い
  5. 2歳児保護 見つけた尾畠さん「ぼく、ここ」うれしかった

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです