メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

経済観測

財政再建は長期戦覚悟=リコー経済社会研究所常任参与・稲葉延雄

 先の通常国会は、会期が長かった割に多くの論点が議論未消化で積み残された。その代表例は累増する巨額の財政赤字の問題であろう。

 財政再建を巡っては、指標であるプライマリーバランス(基礎的財政収支)の黒字化が2025年度に先送りされたことから、批判もその辺に集中している。しかし問題の本質は、今後の巨大な財政需要を考えると財政再建は相当な長期戦を覚悟せねばならない、ということである。

 官民いずれの財政試算でも明示的に織り込んでいないのが、世界経済が次の調整局面に入った際の財政支援の…

この記事は有料記事です。

残り476文字(全文716文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 詐欺的サブリース 広がる 不動産業者、若者狙う 二重契約でローン一部ピンハネ 一括返金請求の恐れ
  2. 「クルーズ船で入国し失踪」外国人 初の年間100人超 九州で全体7割
  3. 離婚慰謝料 不倫相手が賠償、判断 最高裁弁論
  4. 定年離婚 妻は真剣? 子どもあり28%「考えた」
  5. 硫黄島遺骨 DNA鑑定拒む 「遺品なし」理由 厚労省

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです