メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ブックウオッチング

『異なり記念日』 斎藤陽道さん

手話や筆談で会話する斎藤陽道さん。樹さんとは「一人の人として接している」という=木村滋撮影

 (医学書院・2160円)

息子との日常 違い超える力

 耳が聞こえない夫婦の間に、聞こえる子どもが誕生した--。写真家の斎藤陽道さん(34)がこの夏、幼い息子との日常を中心につづったエッセー「異なり記念日」を刊行した。【明珍美紀】

 「子どもを迎えてみて改めて毎日が奇跡だと思うようになった」と斎藤さん。

 長男の樹(いつき)さんは現在、2歳9カ月だ。視覚と聴覚の両方で情報を吸収しているからか、驚くほど手話を覚えるのが早いという。なかでも「好き」という言葉がお気に入り。手話では、親指と人さし指を開いてあごに当て、斜め前に出しながら指先を付け合わせると「好き」の意味になる。

 例えば、しかられてすねた後、目に涙をためながら「ごめんなさい」の気持ちを込めて「すき!」。大きなシ…

この記事は有料記事です。

残り569文字(全文904文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 祖父母殺傷 少年「生徒に殺意。迷惑避け、まず家族を」
  2. 群馬・高崎 石灯籠の下敷きに、中学生死亡
  3. 世界の雑記帳 米女子生徒、祖父の遺灰入りクッキーをクラスメートに配る=警察
  4. 記者不明 「皇太子命令取り違え、将軍が殺害で収拾」報道
  5. 灯籠下敷き 中学生死亡 飛び降り時、手かけ石落下 /群馬

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです