メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

くらしの明日

私の社会保障論 続・のぞみ号殺人事件 血の通う「労災」制度に=日本リハビリテーション振興会理事長・宮武剛

 思いがけない書状をもらった。前回の本欄(6月27日)で伝えた二つの「のぞみ号殺人事件」についての内容である。

 この6月9日に起きた「のぞみ265号」事件と、1993年8月発生の「のぞみ24号」事件は、いずれも研修から帰宅途上の会社員が見も知らない犯人に刺殺された。25年前の場合は労働者災害補償保険(労災)の申請が当初は拒否された。

 その当時の埼玉県大宮労働基準監督署の中村孝雄・元署長からの長い手紙だった。「悔しく、辛(つら)く、…

この記事は有料記事です。

残り891文字(全文1108文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 寡婦控除 未婚に所得制限、事実婚は対象外 与党調整
  2. ことば 寝屋川中1男女殺害事件
  3. 寝屋川中1殺害 母親証人尋問「天真らんまんな優しい子」
  4. 訃報 中尾栄一さん88歳=元自民党衆院議員
  5. 衆院議運委 麻生氏の発言を問題視 G20出張了承せず

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです