メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

検証

西日本豪雨/2 地震偏重、水害対応に難 予測しにくく、被災地点在

冠水した岡山県倉敷市真備町地区で、救助活動する奈良県の消防防災ヘリ=2018年7月7日午後5時34分、本社ヘリから加古信志撮影

 「数百人規模の孤立集落が確認されました。ヘリを戻せませんか」。徳島県消防保安課の佐藤章仁課長は7月8日正午前、総務省消防庁に電話で打診した。県の消防防災ヘリ「うずしお」は緊急消防援助隊として広島県に入っていた。雨雲を避けながら徳島に戻った若竹雄太隊員(35)は土砂崩れによる道路の寸断を確認し「こんなに被害が出ていたとは」と驚いた。

 消防庁は6日午後7時50分、徳島、愛媛、大阪など8府県に出動準備を要請。しかし愛媛県は回答を保留し…

この記事は有料記事です。

残り1181文字(全文1399文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 音楽療法研修会 来月2日、札幌で /北海道
  2. 離婚慰謝料 不倫相手が賠償、判断 最高裁弁論
  3. 詐欺的サブリース 広がる 不動産業者、若者狙う 二重契約でローン一部ピンハネ 一括返金請求の恐れ
  4. 首相 トランプ氏のノーベル平和賞推薦、否定せず 「コメントは控える」
  5. キャバクラ暴行死 10代母、なぜこんな目に 全公判傍聴

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです