メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

戦争展

障害者テーマに 独自製作の映像上映 京都

ボランティアガイドの女性の説明を聞きながら「障害者と戦争」の展示を見る小学生たち=京都市北区の立命館大学国際平和ミュージアムで2018年7月31日、南陽子撮影

 京都市北区の立命館大学国際平和ミュージアムで31日、恒例の「平和のための京都の戦争展」が始まった。同館のボランティアガイドや、戦後補償、核兵器廃絶などに取り組む市民団体などが協力して開催し38回目。今回は「障害者と戦争」をメインテーマに、同展としては初めて独自に製作した映像を上映し、関連資料を展示している。入場無料で8月5日まで。【南陽子】

 映像は府立盲学校の教員だった研究者のインタビューを軸に編集し、約1時間の長さ。1940年に国民優生…

この記事は有料記事です。

残り380文字(全文602文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 安室さんコンサート 療育手帳で入場断られ…「取り返しがつかない」憤りの声
  2. 安室さんコンサート 療育手帳提示で入場できず 返金へ
  3. プロ野球 広島がリーグ3連覇 27年ぶり本拠地で決める
  4. キャバクラ暴行死 未婚10代母、遠い自立 娘残し無念
  5. 内閣改造 待機組約80人、首相支持派閥でパイ奪い合い

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです