メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

広島・福山工高

VRで被爆前を再現 被爆者と練り上げ

原爆で破壊される前の広島市細工町と横町。正面は広島郵便局=広島県立福山工高計算技術研究部提供

 「1発の原爆で生活を失う怖さと、復興のすごさ」を体感で伝えようと、広島県立福山工高(福山市)の計算技術研究部が、爆心直下にあった広島市細工町(現中区)の原爆投下前の町並みをバーチャルリアリティー(VR=仮想現実)で再現した。2016年から写真や絵はがきなどを基に開発し、被爆者らに繰り返し見てもらい、「生活感を感じられる町並み」を目指した。再現作業を通して、生徒たちは「原爆についてより深く理解することができた。だからこそ伝えていきたい」と話す。

 完成したVRは、上空約600メートルで原爆がさく裂した島病院(現島内科医院)を中心に南北約600メ…

この記事は有料記事です。

残り657文字(全文931文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 米国 ガガさん「大統領、少しは加州の人に思いを」と批判
  2. 中央防災会議 南海トラフ前兆 M8級「半割れ」で要避難
  3. 韓国 BTS事務所 被爆者とナチス被害者に謝罪表明
  4. 訃報 天野健太郎さん 47歳=台湾文学翻訳家
  5. アムネスティ スーチー氏に授与した人権賞撤回

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです