メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

男声合唱

「上南戦」22年ぶり復活 上智大と南山大OB

合唱曲「富士山」を練習する南山大学メイルクワイヤーのOB合唱団のメンバーら。左は指揮者の太田務さん=名古屋市中区で2018年7月29日午後3時54分、山田泰生撮影

 男声合唱の「上南戦」が22年ぶりに復活--。今年創立65周年を迎えた男声合唱団、上智大学グリークラブ(東京)と南山大学メイルクワイヤー(名古屋)のOBや現役部員ら約110人による交歓演奏会(毎日新聞社など後援)が12日、愛知県東海市の市芸術劇場で開かれる。時代の波に押され、男声合唱団は減少の一途だが、OBたちは「男声合唱の魅力を若い世代に伝えたい」と本番に向け張り切っている。

 両校はともにカトリック系大学の縁で1961年に東京・日本青年館で第1回交歓演奏会を行った。以来、名…

この記事は有料記事です。

残り564文字(全文804文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ゆるキャラ GPは志木の「カパル」 注目の四日市は3位
  2. 兵庫・篠山市 「丹波篠山市」変更が賛成多数 住民投票
  3. 北海道 函館山ロープウェイ開業60周年 無料開放
  4. 高校ラグビー 大阪第3地区は常翔学園に
  5. 街頭演説 麻生氏「人の税金で大学に」 東大卒市長批判

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです