メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

日本ワイン

表示基準厳しく 産地名表示は85%以上使用

ラベルに地名を表示したワインは多いが、10月から表示が厳格化される=東京都港区のワインショップ「遅桜」で、2018年7月31日、岡大介撮影

国税庁が10月から ラベルの変更迫られる業者も

 国税庁は、今年10月30日から国産ワインの地名の表示ルールを厳格化する。その地域で収穫されたブドウを85%以上使用していないと、産地名を名乗れなくなる。あいまいだった表示基準を明確化してブランド確立につなげるのが目的だが、ラベルの変更を迫られる業者もあり、業界では歓迎と戸惑いの声が交錯している。

 国税庁は、海外で国産ワインの評価が高まっていることなどを受け、国際的に通用する基準を作ろうと201…

この記事は有料記事です。

残り1236文字(全文1458文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 女の気持ち 定年を前に 埼玉県日高市・井上しず江(大学職員・64歳)
  2. 風知草 圧勝ですが、何か?=山田孝男
  3. こうのとり7号機 物資運ぶ「こうのとり」 打ち上げ成功
  4. 会津藩公行列 「ありがとなし…」綾瀬はるかさん手を振り
  5. 最年少町長3カ月 2児の母過疎地で奮闘「めげない」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです